ブルーデーを快適に過ごす|女性の悩みであるナプキンのかぶれを防せぐ方法を伝授

女性の悩みであるナプキンのかぶれを防せぐ方法を伝授

婦人

ブルーデーを快適に過ごす

婦人

早めに薬を処方してもらう

若い20代や30代の女性は、毎月のブルーデーには、生理用ナプキンを使用している人が多いですが、長時間使用していると、かぶれたり、痒みなどが見られる場合があります。生理用品は経血を吸収するため、長時間装着をしておくと、デリケートゾーンが湿った状態になってしまい、トイレットペーパーやナプキンで摩擦を受けると、かぶれの原因になってしまいます。予防をするためには、温水洗浄でデリケートゾーンを清潔に保ち、お肌に優しい素材のトイレットペーパーや生理用品を選んで使用する必要があります。蒸れを防ぐためには、こまめに生理用品を交換することが大事です。かぶれや痒みなどがある時は、信頼できる医師に診察をしてもらい、薬を処方してもらって下さい。

布製の商品を使ってみよう

ドラッグストアなどでも、かぶれや痒みを抑える、デリケートゾーン専用の塗り薬が販売されていますが、デリケートな肌質の人は肌に合わない場合があるので、使用後に異常が見られる場合は、中断をして医師に相談することが大事です。医師に薬を処方してもらったら、かぶれが改善するまで続ける必要があります。生理用ナプキンを購入する時は無添加で、コットン素材の商品は、低刺激でお肌に負担が少ないですが、敏感肌で悩んでいる人は、布ナプキンを使用すると、お肌に負担が少ないですし、経血をよく吸収して蒸れを防ぐ効果があるので、お勧めしたいです。現代は横モレがしにくい形状の商品が販売されており、デザインもお洒落なので、高い人気があります。