女性の悩みであるナプキンのかぶれを防せぐ方法を伝授

女性

デリケートゾーンを快適に

ヒップ

ナプキンかぶれをしやすい人は肌に優しい素材で作られたナプキンを使うことがおススメです。大きなスーパーやドラッグストアでなければ売っていないかもしれませんので、多めに買って準備しておくとよいです。また、ナプキンかぶれをしてしまった時のために、デリケートゾーン用の軟膏も準備しておくとよいです。

ブルーデーを快適に過ごす

婦人

若い年代の女性は、毎月ブルーデーがあるので、生理用ナプキンを長時間使用しているため、蒸れや摩擦が原因で、痒みやかぶれなどで悩んでいる人が多いです。こまめにナプキンを交換して清潔を保つ必要があります。早めに医師の診察を受けて、薬を処方してもらいましょう。

女性特有の悩みの対処法

レディー

簡単な方法で予防できる

女性特有の悩みと一言でいっても実に様々です。中でも特に多いのが、ナプキンによるかぶれではないでしょうか。デリケートゾーンは他の部位と比較すると角質層が薄く、お肌のバリア機能が弱いため、トラブルが起きやすいと言われています。でも、いくつかのポイントを頭に入れておくことで、ナプキンによるかぶれで悩むことがなくなります。まず、ナプキンは長時間つけずに、こまめに取り替えることが大切です。同じものを長時間つけていると、どうしても雑菌が繁殖してしまいます。さらに、蒸れることでかぶれやすい環境になってしまいますので、できるだけこまめに取り替えるように気をつけましょう。また、お肌にやさしい負担をかけない素材でつくられた製品も発売されていますので、上手に取り入れてみるのもよい方法です。

かゆみなどの症状が出る

ナプキンにかぶれると、かゆみやヒリヒリ感などつらい症状を感じるようになります。ナプキンがあたる箇所はもちろんのこと、ナプキンの羽の部分があたっている箇所もかぶれる場合があります。素材自体がお肌に合っていないときだけではなく、長時間同じナプキンをつけ続けた結果、雑菌が繁殖してしまいかぶれてしまうこともあるようです。また、締めつけるようなきつい下着やボトムスを着用しているときも、かぶれやすくなると言われています。かゆみやヒリヒリ感が気になったときは、早めにクリニックを受診することで、症状に合った塗り薬を処方してもらえます。疲れや睡眠不足から免疫力が低下しているときは、いつもと同じ製品を使っていても症状が出てしまうことがあります。そのため、日ごろから質のよい睡眠をとるなど、体調を整えて抵抗力をつけておくこともナプキンによるかぶれの予防につながります。

自分に合った対処法を探す

お尻

生理中に使用するナプキンでかぶれの症状がある人は少なくはないようです。最近のナプキンの品質は非常に良くなっていますが、それでもかぶれてしまうのは通気性が良くない状態になるからだとも言われています。不快な症状の改善のためには、自分の肌に合ったナプキンや塗り薬などを試してみるのも良いかもしれません。